忍者ブログ
Admin*Write*Comment
栗コラム
[315]  [314]  [313]  [312]  [311]  [310]  [309]  [308]  [307]  [306]  [305
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日(2013年2月9日)は、厳冬期のうちでもごく短期間しか姿を現さないと言う裏六甲の氷瀑を見るべく、六甲山に行ってきました。

JR住吉駅よりくるくるバスに乗って、住吉台より歩き始めます。
暖かい日差しで、気持ちは良いものの、氷瀑は見ることが出来るのでしょうか。
石切道に入って、わずかに積雪はあるものの、アイゼンを装着することなく、2時間足らずでガーデンテラスへと到着。


ガーデンテラス周辺で積雪5cm程度。
展望台でお昼ご飯を食べて、あったかいぜんざいも作りました。


極楽茶屋跡から紅葉谷道を辿って裏六甲へと入っていきます。
積雪はそれほどないものの、凍結してツルツルです。


百間滝に到着するも、残念ながら一部凍結は見られるものの、氷瀑とは言い難し。


続いて似位滝へとやってきましたが、こちらも氷瀑は見られません。


最後に七曲滝にやってきました。
こちらも完全凍結とはいかないものの、見応えのある景観が広がります。
今シーズンの六甲の氷瀑は、ちょっともう難しい感じでしょうか。

大阪からでも日帰りで行けるところの六甲山の氷瀑は、この時期限定企画としては、面白いのでまた来シーズンにも企画検討してみましょう。


私がこれまでに見た氷瀑といえば、長野県は木曽駒ヶ岳Bコース登山道途中にある、奇美世の滝です。
過去に2回ほど見に行きましたが、ブルーアイスと呼ばれる青く見える見事な氷瀑が現れます。


写真を探していたら、ちょうど6年前の写真でした。【2007.2.10 奇美世の滝】


木曽駒荘を出発して2時間ほどで、この滝が現れます。
また、機会があれば行ってみたいところですね。

たび忍 クリ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • ABOUT
「たび忍クリ」が つれづれなるままに書きつける、 『栗コラム』不定期連載中!!
  • カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
  • 最新CM
[06/10 きりこ]
[11/28 コージー]
[11/03 コージー]
[10/20 よしなお]
[09/27 たび忍 クリ]
  • プロフィール
HN:
たび忍 クリ
性別:
男性
職業:
旅行会社勤務
趣味:
登山・キャンプ・釣り・カヌー・旅行
自己紹介:
金融機関に勤めること14年。何を思ったかアウトドアに特化した旅行会社だ!と言うことで、旅行業界へ転身。2007年ゼロからのスタートを切った。

【渡航歴・旅行歴】
海外…中国、香港、韓国、インドネシア、フィリピン、インド、ネパール、マレーシア、シンガポール、ベトナム、オーストラリア、トルコ、ギリシア、モロッコ、エジプト、ケニア、イタリア、フランス、デンマーク、ノルウェー、カナダ、アメリカ合衆国、コスタリカ、ペルー、アルゼンチン、チリ

国内…北海道、青森、秋田、山形、福島、宮城、群馬、栃木、東京、千葉、神奈川、新潟、富山、石川、福井、長野、山梨、三重、奈良、京都、和歌山、兵庫、岡山、鳥取、島根、広島、山口、香川、徳島、愛媛、高知、福岡、長崎、佐賀、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄
  • ブログ内検索
Copyright © 栗コラム All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]